スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『私の心が聞こえる?』 見終わりました。

テレビ大阪で放送していた『私の心が聞こえる?』
見終わりました。

wa1.png
2011年 全30話。

久々に号泣したドラマです。

現在BSで放送中ですよね。未見の方、泣きますよー。
あっ、ハードルあげちゃったかな?

公式サイトさんから、お借りして↓。

元祖キラースマイル”として日本でも根強い人気を持つキム・ジェウォンの
約5年ぶりとなる除隊復帰作としても話題を呼んだ本作。
「心温まるヒューマンドラマがやりたかった」と語るジェウォンが選んだのは、
聴覚障害者という難役。重いテーマのためか、これまでに障害者を主人公にした韓国ドラマは
皆無に等しかったが、ジェウォンのもつ爽やかな明るさ、優しい雰囲気がキャラクターを輝かせ、
“障害もの”という偏見なく物語にスッと入りこませてくれる。
障害を読唇術でカバーするという設定のため、相手の口元を瞬きもせず見つめたり、
自分の声さえ聞こえないストレス、それを周囲に理解されない悲しみの表現など、
細やかな演技が見る者の胸を打つに違いない。
そんな彼とピュアな愛の物語を演じるヒロインには、
『ジャイアント』や『明日に向かってハイキック!』の好演で注目された新鋭女優、
ファン・ジョンウム。初のヒロイン役に抜擢されたジョンウムは、亡き母が聴覚障害者、
継父が知的障害者という特殊な境遇で育ちながらも明るく生きる女性を生き生きと演じ、
物語全体の太陽のような存在となっている。
さらに、陰の主人公にしてヒロインの義兄に扮した演技派ナムグン・ミンの好演も光る。
知的障害を持つ父を疎み、家族を捨てた過去を隠して生きる青年の苦悩と寂しさを、
抑えめの繊細な演技で表現し、多くの視聴者の涙を誘った。
特に、彼の出生の秘密が明らかになる物語後半の、
激しい怒りと深い悲しみを湛えた眼差しの演技には、心揺さぶられること必至だ。


うちの師匠が、キム・ジェウォンをオバQ化してから、
もうオバQやんー。と思ってしまい。
この作品でも、色の白さが。。。ひげの青さが。。。
でもですね、それを「横においといて」って思えるドラマでした

キャストでいいますと、ポン・ウリは本当太陽のようでかわいかった。
ファン・ジョンウムさん、私は「愛する人よ」というドラマの印象しかなかったので、
めっちゃ印象がかわりました
(私、いちいち役柄に振り回されて好きになります)

スンチョラ~もよかったですね。
イ・ギュハン君はキム・サムスンの元恋人役で有名になったんですってね。
少し前に見終わった『あなた、笑って』でも2枚目半でよかったんです。
なんか、かわいい

ポン・マル=チャン・ジュナ
ナムグン・ミン君。初めましてです。
韓流チングが坂上忍って言ってたので、頭の片隅にありましたが、
私は、いやいやいやいや、ナムグン・ミンの方が、
全然全く上やんって感じです。
嫌いじゃないな~、ていうか好きだな。
声もいいし、笑顔もいい
2番手な感じの人がぐいぐいヒロインに思いを寄せるのが苦手なんですが、
これくらいの切なさはアリだなぁ。

周りを固める俳優さんもとてもよかたです

いろいろ書きたいんですが、もう力尽きてこの辺で。
(力尽きるの早すぎっ)

そういえば、ちらちら~とKNのサイトとかも見たら、
やはりカット版の悲しさを。
再終話あらすじ、カット部分を発見。
知らなかったら知らないでいいんだけどねぇ。

気にいったドラマは、やっっぱりノーカットで見たかったとおもうのでした。

話は違いますが、
テレビ大阪でキム・スロが始まったんですが。
ふ・き・か・え・ば・ん、だったー。
んー。もう
スポンサーサイト
プロフィール

かよたろう

Author:かよたろう
ご来訪ありがとうございます。
韓ドラ大好きのアラフォーです。

かなり自分勝手なざっくりブログです。

コメント大歓迎!!

動画・画像・記事等すべて著作権は
出処サイトに帰属します。

ツイッタ―でつぶやきます。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
Tree-Arcive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓ポチッっと応援お願いします♪

FC2Blog Ranking

サイト内を検索する
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。