スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『千日の約束』見終ってます。

BSで放送していました
『千日の約束』見終わっています。
(テレビ大阪では、今放送中ですねぇ)

sennichi.png
<2011年 全20話>

2人の再会は運命だった。
ジヒョンには親の決めた婚約者がいたが、幼い頃知り合ったソヨンと再会し、
周りの目を避け愛し合うようになる。しかし、ジヒョンの結婚式の日取りが決まり、
彼と釣り合う家柄でないソヨンは身を引く。ジヒョンはソヨンに未練を残しながらも、
親を裏切ることが出来ず結婚へ向け準備をしていった。
一方、ソヨンは彼との連絡を断つが、度々あった物忘れが生活に支障をきたすようになり、
病院で検査を受ける。検査結果は“アルツハイマー型認知症”。
ソヨンは、それを認めることができず、誰にも言うことができないでいたが、
弟ムングォンと従兄のジェミン知られ、ジヒョンも病名を知ることとなる。
これをきっかけにジヒョンはヒャンギとの婚約を破棄、両親の反対を押し切りソヨンのもとへ行くが、
ソヨンは、愛する人に迷惑をかけたくないと頑なに拒否。
しかし、車を運転中に道がわからなくなりパニックになったときに唯一思い出したのは、
他の誰でもないジヒョンの連絡先だった。ソヨンは、彼に寄りかかる決意をする。
ジヒョンの両親に反対を受けながらも結婚する2人。
まるで認知症なんて大した事はないというように幸せな新婚生活を送るが、
ソヨンの病状は悪化し続けていった…。
(BS-TBSさんより)


キム・レウォンssiの除隊後初のドラマ、とい認識で見始めました。
そしたら、結構な大人のシーンがあり、ドキドキしましたが
それもつかの間。。。

若年性アルツハイマーといえば、「私の頭の中の消しゴム」で有名になったんでしょうか?
つい先日もテレビでドキュメント的なものをみましたが、
とてもつらい病気ですね。
20話を通して、今まで以上にこの病気がわかった気がしました。
明日にでも特効薬ができて治るかもしれない。
そんな言葉が、こころに残ってます。

今まで何作か重い病気のドラマを見ましたが。。。
やはり、ハッピーエンドがありえないので、辛いですね。。

始めはね、ジヒョンも悪い男ですよ
婚約者がいるのに他の女性と。なんですから。
でも見続けると献身的な愛にそんなこと忘れっちゃってましたぁ。
って感じです。
しかし、ヒャンギがかわいそうだったな。
良い子だけに余計に
ヒャンギの行動、結構理解できましたよ。
私にはできないでしょうけどね。。
病気のソヨンはね、病気になったことは不幸ですが、
愛する人たちに守られ幸せだったんじゃないかなと思います。。。

出てくる人たちが良い人で本当、よかったです。
ムングォン、ジェミンオッパ、ジェミン母。
そして、ジヒョン母。
ジヒョン母には泣かされました。
途中からの毅然とした姿、優しく大きな愛。
たぶん、私の韓ドラ史上で一番好きな母かもしれない
(よくある泣き叫ぶ母とは程遠い感じですョ)
ちなみに母役はキム・へスクさん。
カイアベや白い嘘では超怖い母でしたぁ

そして、ソヨン役のスエさん。
すばらしい演技でした
視聴率もよかったようですね。
もう一度見たいか?と言われるとノーですが、
良いドラマではないでしょうか。

昨年末の演技大賞で最優秀演技賞(8名受賞)を受賞したスエさんのコメント
「最高の演技をさせてくれた脚本家の先生、尊敬します。
また半年以上苦労をともにしたスタッフと共演者、
演技を指導してくれたキム・ヘスク先生と監督に感謝します。」
やっぱり、キム・へスクさんってすごい女優さんなんでしょうね
スポンサーサイト

『最高の愛 恋はドゥグンドゥグン』見終わりました。

BSで放送していた
『最高の愛 恋はドゥグンドゥグン』
見終ってます^^
面白かったーーー


saikou-.png

2011年 全16話

10年前、アイドルグループ「国宝少女」のメンバーとして
人気を集めたク・エジョン(コン・ヒョジン)。
現在は、やっとのことで芸能界にしがみついている売れないタレントだ。
彼女はある日、国民的トップスター、トッコ・ジン(チャ・スンウォン)と
最悪の出会いを果たす。
以来、何かとぶつかりあってばかりの2人だが、ジンは「国宝少女」のヒット曲
「ドゥグンドゥグン(ドキドキ)」を聴くたびになぜか胸がドキドキ…!
そんな中、エジョンは人気お見合い番組にキャスティングされる。
番組の司会は、エジョンと同じ元「国宝少女」で、
ジンと公認カップルのセリ(ユ・インナ)。
番組に出演したイケメン韓方医のピルジュ(ユン・ゲサン)は
エジョンを気に入るが、その様子を見たジンはジェラシーを感じはじめ…。

(BSジャパンさんより)

好感度NO.1国民的スター、トッコ・ジンが最高です
saikou4.jpg
ぬおぉ~とか、にゃ~はっは~とか、そんな吹き出しをつけたくなる
感じなんですよ。
伝わりにくいと思いますが。。
saikou2.jpg
なんか漫画みたいになかんじ。

好感度ゼロタレントと言われるク・エジョン。
saikou7.jpg
10年前のアイドルグループ解散の理由?が
影響しているようで。。。
本当の解散理由は違うんですけどね。
しかし、アイドルグル―プのころの回想シーンといいましょうか。
これが、なかなかいい味ですよ。
普通のドラマじゃ浮くでしょうが、
お笑い満載の?ラブコメでは全然オッケー。
(人気があったグループ?ってほんと?って感じで
笑えましたが。。

なんだかんだと結局は優しい魅力あふれるキャラクター、
トッコ・ジンに「そりゃ、惹かれるわ~」と納得が行くドラマで。
笑いあり、涙ありでした。

「僕に訪れた最高の愛です」なんて言われたら。。。
私は一人でテレビを見ながら画面に向ってキャーって叫んでました

画像を探していたら、こんなのもあり・・・
saikou3.jpg
BSではカットでしたよね?ありました?
とにかく、ノーカット版をみたいとまた強く思いましたよ。

あまり脚本とか監督とかしらないのですが、
やはり『ホン姉妹脚本ドラマ』ってはずさないなぁ~と思います

全然関係ないのですが、
noa.jpg
トッコ・ジン演じるチャ・スンウォンさんの息子さん、
プロゲーマーとしてデビューっていう記事がありました(10/23)
お子さんが大きいのにビックリしましたが、
プロゲーマーって何?デビューって何?ってのがもっとびっくり。
イケメンさんなので、今後も話題にあがるでしょうね

『サイン』 見終わりました

BSで放送されていました『サイン』見終わりました。

sain.png
2011年 全20話

韓国版 「CSI:科学捜査班」と言われ、
韓国で初めて法医学を扱った本格メディカルサスペンスドラマ。
国立科学捜査研究院を舞台に、偏屈だが有能な法医学官と
猪突猛進型の新米女性法医学官コンビが、様々な事件の真実を明かすべく、
それらを隠蔽する権力社会に立ち向かっていく姿を描く。

韓国で視聴率保障男と呼ばれるパク・シニャンと
カリスマあふれる名優チョン・グァンリョルの演技対決も話題に。
また、「アクシデント・カップル」のキム・アジュンや
「太陽の女」で日本でも知名度をあげている新鋭の
チョン・ギョウンなど、俳優陣の演技が光る。

日本でも人気のアイドルグループ「超新星」が、
物語の発端となる殺人事件のエピソードでカメオ出演!
被害者のソ・ユニョン役にはメンバーの中でも演技経験の豊富なゴニルが扮し、
“死体演技”にも挑戦。ファン必見のレア映像となっている。
(BS朝日さんより)


おっ、ユニョンオッパーはゴニルでしたか!!

見たことある人だなと思って、超新星?って思った気もするけど、
そういうことがあったのを忘れ、
↑のような説明を読んでビックリする。パボな私

最初に起こった事件か、最後までひっぱりました。
極端な選択?をしたジフンの行動がなかなか納得できなくて。
そんなことをするなら。。。
ダギョンと手をつないで公園を歩かないでほしかったなぁ。とか、
第一発見者にするなんてひどい。とか、
ましてや、解剖させるなんて。
なんて、そういう目線でドラマをみました。

驚きは、ジフンとダギョンの年齢設定
ダギョンの31歳はいいとして、
ジフン、36歳て。
ちょっとかなり驚きましたぁ

そうそう、私、手術シーンとかものすごく苦手で、
そのようなシーンは手で目を覆い、字幕のみよみます。

ここまで書いて、1週間温めました。
しかし、他に書きたいことがあったのに、
もう、まとめれません。
あっ、そんなことは今に始まったことじゃなかった。

私はあんなことをしちゃうジフンを見て、泣いちゃいましたよ。
薄いな~っ、て自分でも思うけど、しょうがないですね

『シークレット・ガーデン』見終わりました。

BSで放送していました
『シークレット・ガーデン』見終わりました。

sic.png
≪2010年 全20話≫

このドラマ、評判がとてもいいので本当に楽しみでした

財閥の御曹司でデパートのCEO、自分勝手な〝オレ様男″(キム・ジュウォン)と、
アクション監督を夢見て、下積み生活を送るスタントウーマン(キル・ライム)。
ひかれ合いながらすれ違う2人の魂がある日突然入れかわる!?
魂の入れかわりという〝魔法”が起こす奇跡。
一体となった時間の中、2人は、少しずつ心を近づけていく。
(NHK BSプレミアムさんより


まさに、私が視聴する前は↑より少ない情報で見始めたのですが、
ドンドン引き込まれましたよ

すでに視聴済の方が多いドラマでしょうが、
未視聴のかたには、このドラマ、
おすすめできるドラマです~

ヒョンビン、入隊前のドラマのこの作品。
げっそり痩せてるヒョンビンにサムシクの時のような、
若さの勢いはございませんが、
なんともまぁ表情が素晴らしいです
優しい顔をするんですぅ
元カノと共演のドラマ「彼らが生きる世界」は視聴挫折してしまいましたが、
こちらのドラマはもう一度みたいドラマです。
ヘギョちゃんが悪くて、ジウォンちゃんがよいというわけではなく、
完全に脚本の差なんでしょうがね。
ジウォンちゃんとてもとてもかわいかったです。
ヒョンビンより4歳上だなんて思えない!!

20話の中で、深く愛し合っていくのが納得できる展開で。
前半は笑えるところがいっぱいで、
後半は号泣です
最終話は、私的にはありですね。
まとめにはいってるわけですが、ジュォンの母があの感じが
あれが、まとまりすぎると
前に伏線がはってあるわけで、それもGOOD

そして、このドラマのOSTもすばらしいですね。

ドラマの前半でいいところでかかる切ない女性ボーカルの歌。

「その女 - ペク・チヨン」
は、ドラマの視聴中にたっこちゃんのブログ
知るわけになったのですが、

「その男 - ヒョンビン」
は、先ほど、知って鳥肌立ちました~。
素敵~~

もちろん、日本デビューしてるサンヒョンssiの歌も素敵ですよ。

少し前は、ドラマの途中途中で記事を書いていたので、
途中でいろんなことを調べていたのですが、
最近は見終わって記事を書くので、あとでいろんなことを知ることが多いです。
それはそれで、良い感じです

しかし、おもしろかったので、終わってしまって残念です。
NHKさん、また面白いの頼みますよぉ~

『シティホール』 見終わってます

『シティホール』 かなり前に見終わってます。
BSジャパンでは集中再放送ちゅうですね

右のカテゴリーでただ今視聴中のドラマが、
もういつのこと?って感じになってまして。。。

大変、失礼しています。。
(至急カテゴリーのメンテをしますね)

city3.jpg
2009年 全20話

city2.jpg

すでに、遠い記憶となりつつあるドラマですが。。
見始めは、ソナさん演じるミレの行動が??な部分が結構ありまして。。
でも、ドンドンみていくうちに、
なんでしょうか、チャ・スンウォンssiのなんともいえない色気に嵌りまして

気分は、『惚れてまうやろー』って感じでした。
すんなり惹かれていく気持ちが受け入れられるというのでしょうか。。

まぁ、いろんなドラマを見ていますが、
とてもお似合いのカップルで。
city-2.png
ハッピーエンドなのは想像できてましたが、
とっても途中は切なくて。。

主役お二人がとても好きなので、楽しく見れました。
久々に韓国ドラマでキュンとしたいろという友達に
お勧めしたところ、「オッサンはええわ~」と断られました

いやぁミレ&グクのカップル、またみたくなっちゃった~
city-3.png
大人のカップルも良いですよね

『製パン王キム・タック』 見終わりました。

確か8月の初旬に手元にやってきたDVD
『製パン王キム・タック』を見終わっています。

9月にはいったら。ゆっくり見ようよ思っていましたが、
9月からパートにでることになったので、
8月中に見終わりました。
(ますます更新が滞ると思います。。。)

kimu3.jpg
2010年 全30話

このドラマ、「視聴率がとにかく良かった」という情報以外、
何も知らずに見始めました。
もうすでに見終わっている人の方がおおいのでしょうね。
なので、自分のへんてこな感想をメインに

パン職人の話?ラブストーリー?どんな話?って思いながらみていて。
大人になったも主人公?誰?って感じで
kimu.png

キム・タック役のユン・シユン君
kimu-takku.jpg
この写真、別人。すっきり痩せていて、もっとかっこいいし、かわいいです。
ちょいちょい、顔の角度とかしぐさでパク・ヨンハssiとかぶり、
(相手役がユジンちゃんということで、少し複雑な気分。)
『明日に向かってハイキック』で有名になったのかな?
まだまだ、情報収集中です

コソン食品の会長ク・イルチュンの妻インスクは
後継者となる息子を産むことができず、姑から冷遇されていた。
そんな中、コソン家の使用人のミスンがイルチュンの子供を身ごもる。
激怒したインスクは予言者の「夫との間に息子は授からない」との言葉を受けて
秘書のハン・スンジェと関係を持ち、念願の男児を身ごもる。
ミスクはインスクから危害を加えられることを恐れて身を隠し、
密かに息子のタックを出産する。やがて小学生に成長したタックは
母から自分の素性について明かされ、コソン家に引き取られるが、
その直後、母はインスクの手の者に拉致されてしまう。
12年後、コソン家を飛び出して母を捜し続けるタックは、
手掛かりを求める中でパルボンのベーカリーに流れ着く。
一方、コソン家の後継者として成長したインスクの息子マジュンは
技術を得るためにパルボンに弟子入りする。
奇しくも同じ師匠の元に身を寄せた異母兄弟は、
パンの技術、恋、そして後継者争いでも火花を散らすことになるが…。
(DATVさんより)


全30話を4日間で見ました。
噂どおりとてもひきつけられ、次が気になりどんどん見ちゃいましたよ~

このドラマ、悪役的ナ人が何人かでてきましたが、
なんて言ったらいいのでしょう。
あまり私的にはイライラするーーって感じではなかったです。
マジュンに関しては、あきれるばかりな感じでね。

このドラマ、とっても面白るかったです
でも、嵌ったーっという感じにはなりませんでした。

きっと、
kimu2.png
実学年で6歳差のこのカップルが、
しっくりこなかったのです。。

もう途中からは、ミスンのほうがいいやんっていう気分で。
kimu-misun.jpg
今回もなんだかブス?扱いされる設定??

ところどころ、突っ込みどころがありましたが、
こんなのはドラマを見ていればよくあることで

結構驚いたのはミスン(タック母)がク・イルチュンを
なんだか簡単に受け入れ?タックを産んだこと、
占い師の話を信じて、インスクがハン室長との
間に子供を作ったことでしょうか。。。
↑の相関図を知らなかったので、
DNA鑑定すれば、案外マジュンもイルチュンの子やったりして~
なんて思ったり。。。
勝手な深読み妄想をしていましたよ~。

まぁ、いろんなことが30話で起こりますが、
終わりよければすべてよし。

会社の後継者は途中から予想していた通りだし、
ボンパンベーカリーはナイスな新人まで入って

闇を抱えた二人も、幸せになってほしいです。
kimu4.jpg
(本編にはでてこない良い雰囲気のお二人)
実年齢はシユン君より年下のチュウォン君のほうが
ユジンさんにはお似合いだったな~

『ザ・スリングショット~男の物語~』 見終わりました。

HDDに撮ってあたためていた?『スリングショット~男の物語~』
数週間前に見終わっています。

suringu.jpg
2009年、全20話。

BS11のノーカット版を見ました。

裕福な家に生まれたキム・シン(パク・ヨンハ)は、
何ひとつ不自由のない暮らしを送っていた。
ある日、会社を経営していた兄ウク(アン・ネサン)が、
身に憶えのない不祥事をマスコミに公表されてしまう。
風評被害はさらに拡がり、会社は倒産、ウクは多額の借金を残し自殺。
シン自身も、殺人未遂罪で逮捕されてしまう。
家族、恋人、自由・・・全てを失ったシン。
だが服役中に、兄の死の背後に“チェドン・グループ”の
チェ・ドウ(キム・ガンウ)が深く関与している事実を知る。
出所後、復讐を計画するシンの前に現れたのは…
(BS11さんより)


数週間前に見終わっているので、
感想も薄れてきていますが、面白かったですよー。

suri-1.jpg
キム・シン役のパク・ヨンハssi。
はじめのほうの服役中は、ボッコボコにされるシーンが多くって、
ちょっと見ていられませんでしたが。。。
物語が進むにつれ、みんなに信頼される男となっていって。。。

suri-2.jpg
チェ・ドウ役のキム・ガンウssi。
ドラマを見るのは初めてでした。
狂気の感じがとても怖くてすごかったです。
で、誰かに似てるーーっ思いながら見ていたのですが。。。
誰だろう。。。

最終話、驚く展開で。。。
「これで終わりーーー???続きがみたいーーー!!!」
って思ったような気がします。
(数週間前なのにすでに忘れている。。。)
キャストも、ストーリーも、とてもよかったですよ。
もっと早く見ればよかったなぁと思いました

『シティホール』 2話まで。

BSで放送中の『シティホール』、
楽しくみていまーす

city3.jpg

こちらのドラマ、キム・ソナssiがヒロイン。
リュ・シウォンssiが降板しチャ・スンウォンssiがお相手。
ソナ姉さんが市長になるらしい。
という話だったよなぁ~って感じで見始めました

city2.jpg

ソナさん、市長になるんだから、政治家っぽい感じかと思っていましたが、
真逆でした
政治家に向いてない人が政治家になるーーって話なのかな?
ラブコメって感じ?私の情報、浅すぎますよね
チャ・スンウォンssi演じるチョ・グクの前では、
かなりの変人?っぷりなんです
友達たちの間では普通というか、片鱗が見えるというか。
とにかく、ところどころ、プッって笑えるところあり。
実際のドラマ撮影では、ソナさんのアドリブがさく裂して、
大爆笑だったとか
見終ったら、NG集でも探してみようかしら。

チャ・スンウォンssiはお背が高いのね~。
秘書役のイ・ジュニョクssiが小柄にみえたんですもの。
『チャ・スンウォンはモデル出身俳優の可能性を開いたパイオニア的存在。』
なんですってね~
映画の人だと思っていましたわ~

さて、最近この方のドラマが続いています。
主演じゃなければ、視聴ドラマがかぶってもあまり気にならい。気が。
hyoncyoru.jpg
イ・ヒョンチョルssi。
『オンエアー』のチン・サンウ社長
現在視聴中『パスタ』スーシェフ(名前がわからない。。)
『シティホール』のイ・ジョンドはなかなかよさそうな役ですわ~

『白い嘘』 48話まで。

BS11で放送中の『白い嘘』48話まで見ました。

全159話の朝ドラなんですよね~
決して朝からさわやかな気分にはなれませんよ~。
嫌いじゃないですけどね

以下、ドラマ全体のネタばれになってる部分を書いてるかも~

siro.jpg

BS11では56話までのあらすじが載ってましたよ~
少しならネタばれオッケーなので、よんじゃった

siro2.jpg


それよりびっくりしたのが、

愛していたなんて・・・それは嘘。
その刺激的でドロドロテイスト満載な内容が朝のお茶の間に衝撃を呼んだ、
2009年韓国・朝ドラ界で最大のヒットを記録した話題作。
息子のことになると我を失い、それ以外には"血も涙もない
"冷徹な悪母役を実力派女優キム・ヘスクが演じ、
息子を守りたい母の愛を圧倒的な演技で表現する。
また、幼い頃のトラウマで心を閉ざした青年ヒョンウが、
愛する女性の力を借り、母の元を離れ一人前の男性へと
成長していく姿をキム・テヒョンが好演。
視聴者を引きつける2人の名演技から目が離せない!
失われることのない母と子の絆や、心を閉ざしていた息子の成長にも
光をあてて描いた秀作ドラマがいよいよBS11に登場!
(BS11より)


確かに、キム・ヘスクさんの演技は圧倒的というか。
こんだけ話数が進んでくると、次はこんな表情かもってのが、
想像つくのですが、かなりの冷徹っぷり
そして、ヒョンウ。
最近の成長っぷりは、視聴の皆さまはよくご存じだと思いますが
一人前の男性になるのーーー???
ヒョンウの病気は、先天的なものより後天的なものって、
何度か言っていたのを聞いていますが。。。
一人前の男性になるのーーー???
驚きすぎですね
ヒョンウ役のキム・テヒョンssiは
これまた見始めた『天使の誘惑』にもでていまして。
かなりイメージの違う役なのですが、
なんだか気になる俳優さんだわ
ヒョンウ君、成長しても良い子でいてね~。

そして、薄幸のウニョン。
まだまだ、義母の恐ろしさに気がついてませんが、
気がついちゃったらどう展開していくのかしら
まぁその瞬間を待ってるのですけどね。
ウニョンのあの愛想笑い?の真顔から口角をちょっとあげてまた真顔へ、っての。
あれを見るたびにつられて、同じことを何度かやったのは私くらいかなぁ~

『19歳の純情』 見終りました

またまた、少し前ですが。。。
BSで放送していました『19歳の純情』見終っています。

19.jpg


84回(原作は30分全167話)、無事完走です

はじめは、、、グッカちゃんに結構イライラさせられて
そして、ユヌってどうよって思ってました。

19-2.jpg

数年前(何年前だろう。。。)。
韓ドラは見ているけど、ブログやHPを読んだりすることもなく、
ましてや自分でブログをするなんて想像もできなかったころ。
何かのきっかけで、とあるブログの読者に。
そして、コメントなんて恥ずかしくてできない(そんなころがありました)、
そんな私がとても羨ましく思っていたのか、
当時『19歳の純情』のドラマで、ブログ主さんと、
そのお友達の皆さまがたがとても盛り上がっていたのです。
それを羨ましく横目で見ながら。。。(笑)
こんな長編は見ることがないだろうと思っていた、ドラマなんです。

そして、確か、「ユヌ最高!!」みたいな印象が残っていたのです。
で、ですね。初めのころはやはりユヌってどうよって、
思っていたのですが、だんだん良くなりましたね~
途中からのグッカがとてもよかったです。
自分のことをかっこいいと言ってしまうのが、
本気?冗談?やっぱり本気よね?って思っちゃいましたが~
すごく大きい笑皺はきらいではないです~

サイドストーリーは、あってもなくてもいいんじゃない?っていうのも
多少ありましたがね。
家族がいっぱいなので、まあいろんなことも起こるわけですよね~。

ハッピーエンドなんだろうなぁと思いながらみつづけたドラマ、
なかなかよかったですよ
プロフィール

かよたろう

Author:かよたろう
ご来訪ありがとうございます。
韓ドラ大好きのアラフォーです。

かなり自分勝手なざっくりブログです。

コメント大歓迎!!

動画・画像・記事等すべて著作権は
出処サイトに帰属します。

ツイッタ―でつぶやきます。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
Tree-Arcive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング
↓ポチッっと応援お願いします♪

FC2Blog Ranking

サイト内を検索する
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。